☆PURE ROCK☆
☆PROFILE☆
ゆ〜やん
ゆ〜やん
メタル歴 22年目
東京都 北区在住
どんな音楽でも『良いなぁ♪』と思える感性をいつも大事にしたいです(^^♪...
more about...
このBLOGのランク↓今週は何位?↓
ブログランキング
LINKS
ALL CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RECOMMEND
The Innocent Ones
The Innocent Ones (JUGEMレビュー »)
Blue Tears
BLUE TEARS...17年ぶりの最新作!<BON JOVI><WINGER><DEF LEPPARD>など音楽性がストライクゾーンならMUST BUY !m!(>_<)!m!
RECOMMEND
In The Heart Of The Young
In The Heart Of The Young (JUGEMレビュー »)
Winger
ゴージャスなハードロックがもてはやされていた90年代前半...華やかさとミュージシャンシップが同居した名作!2006年も半ば、もうじきミュージシャンズ・ミュージシャンとも言われたほどの彼ら<WINGER>が待望の再結成!そのためにもこの作品で予習をしておこう!m!(>_<)!m!
RECOMMEND
Move Along
Move Along (JUGEMレビュー »)
All American Rejects
前作からの【SWING, SWING】がヒットしながらもイマイチまだブレイクしきれていない<THE ALL-AMERICAN REJECTS>...しかしながら今作は<BON JOVI>に引けを取らないほど、殆どの曲をシングルカットできる佳曲揃い!リズム隊が変わったことで、よりロック色が全面に出て良いメリハリが付きバンド自体がキリリとしまった!´Ν┐般抄!m!(>_<)!m!
RECOMMEND
Come Clarity
Come Clarity (JUGEMレビュー »)
In Flames
前作『SOUNDTRACK TO YOUR ESCAPE』が米ビルボードで146位と大健闘!この最新作で本当のブレイクを狙う!!
MY BLOGLIST
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS
Locations of visitors to this page

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
★☆普段はパンを作ってるメタル男の第3弾ブログ !m!(>_<)!m!☆★
以前からのブログの軸として『思い出 DISC (^^♪』は継続し、こっちに移行してきました\(o ̄∇ ̄o)♪
これからもヨロシクDEATH!m!(>_<)!m!

ゆ〜やん★公式BLOG【SIX STRINGS FEVER】 !m!(>_<)!m!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BEDTIME STORIES / MADONNA
BEDTIME STORIES
SURVIVAL SECRET I'D RATHER BE YOUR LOVER DON'T STOP INSIDE OF ME HUMAN NATURE FORBBIDEN LOVE LOVE TRIED TO WELCOME ME SANCTUARY BEDTIME STORIES TAKE A BOW

メタルじゃ〜ないんですけど(´▽`)...

前期と後期と、彼女にあるのなら、おそらく後期の新たな出発的アルバムではないかと思われます。

基本的に音楽を「聴かず嫌い」はしないようにと(良い音楽との出会いが減ってしまうから^^)どんな形であれ、耳にしたいと思い、常に家でもINTER-FMを付けっぱなしにしたり、ショップに行ったら出来るだけ試聴したりと心がけています(^^♪

オイラの音楽の間口を広げてくれたことに関して、アメリカでの生活は間違いなく重要でした。始めは大学の寮に入り、多い時には5人(みんな別国籍)で生活を共にしていたので、テレビは取り合い(笑)リヴィングに1台でした。ただ最初の頃なので大学の提出物だけで手一杯で(笑)...

と、なると必然的にラジオ(笑)...もちろん勉強しながらだとか、授業のために読むものがいっぱいだったので読みながらだとか...とにかく色んなものに貪欲でした(´◇`)...

ただ1つだけ気をつけていたことがあるとすれば、それはロック色の強いステーションではなく、その時の流行を押し出したステーションを聴いていました...ロスやロングビーチだと「KISS-FM」だとか...ま、その当時明らかにロックは衰退していて「KROQ」はあったものの、この頃には「KNAC」はラテン・ミュージックに鞍替えしていたので(笑)

そんな時に「良くかかるなぁ〜...」と耳に入ってきたのがこのアルバムからの【TAKE A BOW】でした。このアルバムからの確か2NDシングルで、すんげぇ〜売れてました(´▽`)...今でも変わってなくれば、米ビルボードにて彼女の作品の中で、史上最長1位保持記録(ポップス・チャートでは7週、アダルトコンテンポラリー・チャートでは9週)を打ち立てていたと思います。


アルバムから他の楽曲がカットされて、ステーションのリーダートラックになっていても、交互に【TAKE A BOW】がかかるくらい頻繁に流れていました。

たいして詳しくもないのですが、「ちょっと彼女かわったなぁ〜」と思い、他の収録曲も気に入ったものがあったので早速購入を決意...で、買いに行ってビックリΣ(・口・ノ)ノ...リリースされて間もないのにUSEDがいっぱいありました...(>_<)gヨシ!

実際オイラが気に入った原因はそこだったのですが、以前のポップやダンス色が強く、エロやセックスのイメージが全面に出ていた(少なくとも)前3作には全く魅力を感じることが出来なかったリスナーなので、ダラス・オースティンやベビーフェイスを起用した本作はかなりの好感触(^^♪

と、言うことはすなわち、前のファンは去っていってしまったのではないのだろうかと...しかもこの後の名作の1つ『RAY OF LIGHT』につながっていて、避けては通れない作品だったとおもいます。<DEF LEPPARD>の『SLANG』みたいなもんでしょう(笑)...

なんで今、コレを書いたかって?...これと同じように、良い出会いがあったもので...(*´ー`)
続きを読む >>
| 思い出 DISC(^^♪ M | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
MARVELOUS 3 / READYSEXGO
READYSEXGO
LITTLE HEAD GRANT PARK GET OVER SUGARBUZZ SUPERNATURAL BLONDE RADIO TOKYO COLD AS HELL BEAUTIFUL I'M LOSING YOU THIS TIME BETTER OFF ALONE I COULD CHANGE CIGARETTE LIGHTER LOVE SONG I'M LOSING YOU (remixed) & THANKS LIST ANNOUNCED ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME RADIO TOKYO (radio edit)

どんな売れ方でも、是が非でも売れて欲しい好きなアーティストっていませんか?

アヴィリル・ラヴィーンやPUFFY AMIYUMI、織田裕二の力を使ってでも(笑)売れて欲しい!ブレイクして欲しい!...そんなアーティスト、BUTCH WALKERの真骨頂がわかるバンド(もう既に解散しちゃってますけど...)、<MARVELOUS 3>です(>_<)!!

そんな彼らの「なんでこれがブレイクしなかったんだ!?...」的な、世紀の大傑作(>_<)!!『READYSEXGO』

まず、ココに思い入れをこめて書いているんだから曲がいいのは当たり前!今の時代、CDに十数曲も収録されているのは多々あるが、ここまでいわゆる捨て曲がないのは凄い!かつ贅沢だろう。

ガツン!と生粋のアメリカン・ロックが聴きたくなった時にでも、みんなで楽しもうとパーティー・ロックが必要な時にでも、またしみじみとヘッドフォンをかけて音楽に耳を傾けたい時にでも...とにかくシリアスやユーモアが絶妙なバランス感覚で保たれている、万人に愛されてしかるべきマスターピース(^^♪


音の塊、接合感がいきなり飛び込んでくる ■丕峩Α抗擇靴欧淵螢坤爐気持ちいい◆⇒遒礎紊い心兇犬ら、徐々に彼ららしいわかりやすいコーラスが魅力的な、で曲間が無く、矢継ぎ早にアコースティックなイントロが始まり、彼らにしては若干レイドバックしているミドルテンポの...音の遊びが面白く、またまた覚えやすいコーラスを持つ

リリースされたばかりのPUFFY AMIYUMIのニューアルバムにカヴァーとして収録が決定しているΑ覆如⊆録されてるの?)...ピアノのもの悲しげなイントロから入り、徐々にドラマティックに盛り上がっていき、キチンと彼らの中での予定調和のようなビッグなコーラスが、1回聴いたらもう口ずさめる♪という音楽本来の良さを表現している珠玉の名曲(^^♪

Г蓮▲瓮献磧屡廚裡隠咤團▲襯丱爐任浪晋里はずされていて、インディー盤のアルバムには収録されていた曲の再録。これも彼ららしいキャッチーな佳曲。メロディが綺麗でやはりコンパクトにキャッチーな─▲螢坤爐ちょいとお遊び(?)でデジタルちっくな若干暗めの、ここでまた勢いを取り戻し、彼ら印のアップテンポな

隙間の空間をもリズムの1つにしてしまって、面白いグルーブを作り出している、奇妙なギターフレーズから始まるが、結局はいかにもM3な。はオリジナルを【ALL THE YOUNG DUDES】といい、1972年にデヴィッド・ボウイが書いた曲。ただし、今収録のさいに、ブッチが自分で歌詞を全く書き換えてしまったオリジナル(笑)

そしてビックリなのが、にサンクス・リストがアナウンスされていて(笑)少しのブランクの後、のリミックスが...で、は純粋なカヴァーで(誰だったっけかなぁ〜)、10年くらい前、アメリカに住んでいた時にもラジオでガンガンかかっていたヒットソング。曲調といい、ホントに彼らはセンスが良い(^^♪最後の阿鰐抄吻Δらイントロのピアノを省いてあるエディット。

とにかくロックが好きで...いや、音楽が大好きであるならば一度は触れてみて欲しい作品です(^^♪

音楽に種類はあっても、垣根は無いはずだから(^_^)v

つ〜ことで、<PUFFY>のニューアルバム、チェックしなきゃ\(o ̄∇ ̄o)♪
| 思い出 DISC(^^♪ M | 16:15 | comments(2) | trackbacks(0) |