☆PURE ROCK☆
☆PROFILE☆
ゆ〜やん
ゆ〜やん
メタル歴 22年目
東京都 北区在住
どんな音楽でも『良いなぁ♪』と思える感性をいつも大事にしたいです(^^♪...
more about...
このBLOGのランク↓今週は何位?↓
ブログランキング
LINKS
ALL CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RECOMMEND
The Innocent Ones
The Innocent Ones (JUGEMレビュー »)
Blue Tears
BLUE TEARS...17年ぶりの最新作!<BON JOVI><WINGER><DEF LEPPARD>など音楽性がストライクゾーンならMUST BUY !m!(>_<)!m!
RECOMMEND
In The Heart Of The Young
In The Heart Of The Young (JUGEMレビュー »)
Winger
ゴージャスなハードロックがもてはやされていた90年代前半...華やかさとミュージシャンシップが同居した名作!2006年も半ば、もうじきミュージシャンズ・ミュージシャンとも言われたほどの彼ら<WINGER>が待望の再結成!そのためにもこの作品で予習をしておこう!m!(>_<)!m!
RECOMMEND
Move Along
Move Along (JUGEMレビュー »)
All American Rejects
前作からの【SWING, SWING】がヒットしながらもイマイチまだブレイクしきれていない<THE ALL-AMERICAN REJECTS>...しかしながら今作は<BON JOVI>に引けを取らないほど、殆どの曲をシングルカットできる佳曲揃い!リズム隊が変わったことで、よりロック色が全面に出て良いメリハリが付きバンド自体がキリリとしまった!´Ν┐般抄!m!(>_<)!m!
RECOMMEND
Come Clarity
Come Clarity (JUGEMレビュー »)
In Flames
前作『SOUNDTRACK TO YOUR ESCAPE』が米ビルボードで146位と大健闘!この最新作で本当のブレイクを狙う!!
MY BLOGLIST
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS
Locations of visitors to this page

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
★☆普段はパンを作ってるメタル男の第3弾ブログ !m!(>_<)!m!☆★
以前からのブログの軸として『思い出 DISC (^^♪』は継続し、こっちに移行してきました\(o ̄∇ ̄o)♪
これからもヨロシクDEATH!m!(>_<)!m!

ゆ〜やん★公式BLOG【SIX STRINGS FEVER】 !m!(>_<)!m!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
EXPOSED / VINCE NEIL
EXPOSED
LOOK IN HER EYES SISTER OF PAIN CAN'T HAVE YOUR CAKE FINE, FINE WINE THE EDGE CAN'T CHANGE ME SET ME FREE LIVING IN A LUXURY YOU'RE INVITED(BUT YOUR FRIEND CAN'T COME) GETTIN' HARD FOREVER BLONDES(HAVE MORE FUN) I WANNA BE SEDATED

いや〜去年終盤に行われた、リユニオンの<MOTELY CRUE>来日公演は良かったですねぇ〜(´▽`)...ヴィンスはこのジャケほどはもうかっこよくはなかったですが(笑)

あと、まだ1年くらいはかかってしまうだろうけど、プロデューサーに名作『DR.FEELGOOD』を手がけたボブ・ロックを迎えそうな気配なので期待大!m!(>_<)!m!...あ、もちろんこのままの面子で行けばの話しですけど(笑)

それくらいヴィンスが歌っていることに意義があるバンドですね...ま、確かに創作面ではそれほどでもないけど(笑)...彼がいないだけで別バンド(´▽`)アルイミスゴイコセイ...

そんな彼らの現時点での最高傑作『DR.〜』以来、彼ら自身が迷走中なのか「らしい」作品を出していないと思う。皮肉にもクビにしたヴォーカルが出した1STソロが1番「らしい」作品になっていたように思う\(o ̄∇ ̄o)♪

実際は大したこと無いような気がする【LIVE WIRE】に優れたメロを加えたみたいな,法▲ャッチーな↓い函DR.〜』に負けてない出鼻に脱帽m(__)mペコリ...

スティーヴ・スティーヴンスを相棒にした効果が絶大なフラメンコギターを散りばめたァ¬抄福WITHOUT YOU】に近い雰囲気を持つバラードΔ法◆SWEET>の往年の名曲Г斑翦廚癲

モダンなイメージを垣間見る─▲灰海ら始まりヴィンスを十分に生かした出発点、またスティーヴ・スティーヴンスの影響が如実に出ているロックンロールに、【TIME FOR CHANGE】に似ているタイプのバラードと後半もゴールまで完璧!m!(>_<)!m!

コレがアレの後の作品だったらと思うと、ここ何作かの遠回りがいらなかったような┐(´ー`)┌

BAD BOYS UNITE! !m!(>_<)!m!
| 思い出 DISC(^^♪ V | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
ALL SYSTEMS GO / VINNIE VINCENT INVASION
ALL SYSTEMS GO
ASHES TO ASHES DIRTY RHYTHM LOVE KILLS NAUGHTY NAUGHTY BURN STAR SPANGLED BANNER LET FREEDOM ROCK THAT TIME OF YEAR HEAVY PETTIN' ECSTASY DEEPER AND DEEPER BREAKOUT THE MELTDOWN "YA KNOW"-I'M PRETTY SHOT

88年、大手クリサリスレコードからリリースされた、元KISSのギターだったヴィニー・ヴィンセントのリーダーバンドの2NDアルバム。

1STアルバムではニアミス(当時のマークの彼女のせいで/笑)で元JOURNEYのロバート・フレイシュマンがヴォーカルを勤めていましたが、今作から、後にSLAUGHTERで大ブレイクをするマーク・スローターが歌っています。このバンド...実際、今聴くと派手なギターが加入しちゃったSLAUGHTERって感じ(笑)...

ロバートもマークもいわゆる高音系(笑)なのでほぼ違和感は無し。前作も、おっ!...って言う曲が何曲かあったけど、やはりギタリストの1STってこともあって、???って部分もあった...

しかし今回は最初からバンドの音と言うことを念頭において(ダナ・ストラムが^^;)作り始めたので、若干ギターが出すぎな面もあるが、思ったとおりのグループとしてのカッチリとした音作りが出来ていると...流石ダナ(笑)

あれ?コレQUEENだっけ?...なテープ逆回転のイントロを持つ ▲織謄離蝣の普通のロックンロールにテクニカルなギターが被さる◆∨殖臓誌の現変臭長が「名バラード!!」と言っているアメリカンな泣きのバラード...ヴィニーもこんなこと出来るんだと関心...(笑)...で、い魯櫂奪很がきいているSLAUGHTERがやりそうなノリの良い佳曲♪

イ呂發靴筌ヴァー?...と思ったら同名異曲(笑)なアップなナンバー。アメリカ国歌のΔ鮠曲として挿んで、ありがちなロックГ...こんな面もあるんだぁ〜なメロウな─△覆鵑微妙にサビが頭に残る(笑)

その彼らのメロウな面を最大に生かした傑作(^^♪と、アメリカン・ハードロック好きなオイラにはたまらないイントロ〜ブリッジ〜サビを持つ(>_<)!!

いつもここまで聴くと、このをおかわりします(^O^)/...あ!言っときますけど、このアルバム...ここまでで十分です(笑)は...蛇足です...^_^;
続きを読む >>
| 思い出 DISC(^^♪ V | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
VALENTINE / VALENTINE
VALENTINE
RUNNIN' ON LUCK AGAIN NO WAY TEARS IN THE NIGHT TOO MUCH IS NEVER ENOUGH NEVER SAID IT WAS GONNA BE EASY WHERE ARE YOU NOW NAUGHTY GIRL ONCE IN A LIFETIME SOMEDAY WE RUN YOU'LL ALWAYS HAVE ME

オイラにとってのバレンタインは...こんな感じ(´▽`)...

この頃、まだMTVのPVローテーションの中にかろうじて新人のロックバンドがオンエアーされている...と、いった時期だったように記憶がある...

今と違い、民放のTBSの夜中の枠組みの中で放送されていたMTV。アメリカ現地ではロックがまだ力を持っていた時期。だからロック好きはもちろんビデオなり何なりでチェック出来た、ある意味、情報過多な時期でも合ったように思う...ま、今のがインターネットのおかげでさらに毎分毎秒情報が垂れ流しにされているから量の差はあれど同じか。

ただそのおかげで、いろいろなものに出会える確立は増える。

その中の1つが、このアメリカ産の<VALENTINE>だった。

音楽が重要!...もちろん音楽に関しては当たり前である。それがコアな部分であるからだ。ただ音楽である以上聴いてもらえなければ...う〜ん...いろんな意見があると思うが...やはり残念?もったいない?ダメ?...そんな感じがする。そこまでのキッカケの1つとしていわゆる「ヴィジュアル」は必要であると思うし、良いに越したことはない。

彼らは何気にプチ「メジャー」だったと思う。時代の移り変わりなどのせいで、まったく売れなかったにも かかわらず、ヴォーカルがあの有名な<JOURNEY>のスティーヴ・ペリーの若い頃に顔がそっくりで、また声までも似ていたからである。しかも再結成JOURNEYの候補として上がりながらも、脱落してしまった理由が「顔、歌共に似すぎているから...」と、どうしようもないことで...株を上げた(笑)


しかしオイラがここに取り上げたのは「ヴィジュアル」でもそこではなくて、確か1STシングル△裡丕屬「友達同士で演奏していて楽しそう♪」だった(^ω^)♪

楽曲も大事だけど、トータルで魅せれるバンドってかっこいいと思うよ(^^♪実際、音楽性自体は...オーセンティックで...なんて書くと聞こえがいいけど(笑)まぁ〜言ったら平凡(悪い意味じゃないよ)いかにも80年代後期のアメリカ出身のメロディアス・ハードロックバンドだもん^_^;...ま、そこがいいんだけどね(笑)

なかなかドラマティックなキーボード有効活用していて、まだこの頃はギタリストもフラッシーに弾きまくっていたなぁ〜な あ、確かにコーラスといい、キャッチーなメロディといい、こりゃシングルだな(^u^)てきな◆△箸砲くこのバンドはキーボードもある種のイニシアチブをもっているんだなと思うバラードの、これまたアップテンポのノリの良いキャッチーなぁ▲▲魁璽好謄ックギターとヴォーカルのバラードかな?と思わせといて1STコーラスのあとバンドが入ってくるパワーバラードの...

このアルバムをいまだに「聴こうかな...」と思わせてくれる佳曲...曲調は基本的には明るくアプテンポながらも、コーラスがちょいと切ない感じの明るくなりきれない...「若い頃はこんなふうに考えたことあったかもなぁ...」なキャッチーなキラーチューン!m!(>_<)!m!

後半も良い意味で、同じようなレベルの曲が楽しめるなかなかの良盤だと思いますよ(^^♪

ちなみに、Δ鯆阿と今でも思い出すコがいるなぁ〜(笑)

where are you now? do you still shine?
or am i just another love you've left behind...

って、当たり前だよ(笑)

続きを読む >>
| 思い出 DISC(^^♪ V | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) |