☆PURE ROCK☆
☆PROFILE☆
ゆ〜やん
ゆ〜やん
メタル歴 22年目
東京都 北区在住
どんな音楽でも『良いなぁ♪』と思える感性をいつも大事にしたいです(^^♪...
more about...
このBLOGのランク↓今週は何位?↓
ブログランキング
LINKS
ALL CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RECOMMEND
The Innocent Ones
The Innocent Ones (JUGEMレビュー »)
Blue Tears
BLUE TEARS...17年ぶりの最新作!<BON JOVI><WINGER><DEF LEPPARD>など音楽性がストライクゾーンならMUST BUY !m!(>_<)!m!
RECOMMEND
In The Heart Of The Young
In The Heart Of The Young (JUGEMレビュー »)
Winger
ゴージャスなハードロックがもてはやされていた90年代前半...華やかさとミュージシャンシップが同居した名作!2006年も半ば、もうじきミュージシャンズ・ミュージシャンとも言われたほどの彼ら<WINGER>が待望の再結成!そのためにもこの作品で予習をしておこう!m!(>_<)!m!
RECOMMEND
Move Along
Move Along (JUGEMレビュー »)
All American Rejects
前作からの【SWING, SWING】がヒットしながらもイマイチまだブレイクしきれていない<THE ALL-AMERICAN REJECTS>...しかしながら今作は<BON JOVI>に引けを取らないほど、殆どの曲をシングルカットできる佳曲揃い!リズム隊が変わったことで、よりロック色が全面に出て良いメリハリが付きバンド自体がキリリとしまった!´Ν┐般抄!m!(>_<)!m!
RECOMMEND
Come Clarity
Come Clarity (JUGEMレビュー »)
In Flames
前作『SOUNDTRACK TO YOUR ESCAPE』が米ビルボードで146位と大健闘!この最新作で本当のブレイクを狙う!!
MY BLOGLIST
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS
Locations of visitors to this page

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
★☆普段はパンを作ってるメタル男の第3弾ブログ !m!(>_<)!m!☆★
以前からのブログの軸として『思い出 DISC (^^♪』は継続し、こっちに移行してきました\(o ̄∇ ̄o)♪
これからもヨロシクDEATH!m!(>_<)!m!

ゆ〜やん★公式BLOG【SIX STRINGS FEVER】 !m!(>_<)!m!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
THE OPEN DOOR / EVANESCENCE
THE OPEN DOOR

SWEET SACRIFICE CALL ME WHEN YOU'RE SOBER WEIGHT OF THE WORLD LITHIUM CLOUD NINE SNOW SWEET QUEEN LACRYMOSA LIKE YOU LOSE CONTROL THE ONLY ONE YOUR STAR ALL THAT I'M LIVING FOR GOOD ENOUGH CALL ME WHEN YOU'RE SOBER (acoustic version)

はいはい(笑)...おひさしぶりの『思いでDISC(^^♪』

そりゃ〜またひとつ、素敵な思い出が出来たから(´▽`)アハ♪

つい先日、彼女と京都に旅行に行ってきました\(o ̄∇ ̄o)タノシカッタ♪♪結構前から計画してやっと一緒に行けたのでホントに楽しくて(*´ー`)...って、そんなカテゴリーじゃなかったですね(笑)

もちろん前作を全世界で1500万枚以上売り上げた<EVANESCENCE>の新譜なんでリリースされていたのは知っていたんですが、肝心のメタル系ギターでありソングライターとしての相方でもあったベンが脱退(ある意味、失踪)してしまっていたので、あのアメリカ人が作ったとは思えない旋律をまた聴けるかが心配で...なんというか気になっていたのですが様子をみていた...そんな感じでした

で、結構ラジオや街中で1STシングルでもある△なかなかのローテーションでオンエアーされ始めて「お!...まぁまぁかな!?...」と...ま、実際に曲を聴いてもまた、こんな感じでした...CDショップで彼女とビデオクリップを観てもお互いに「悪くないね...」と...

その次の日、2人で京都の繁華街(?)の四条あたりの古着屋めぐりをしていたとき、ある『ありがたい名前』のお店に入りました...特徴はとにかく安くて、そして爆音で(笑)

しばらく店内を彼女と見て回っているとオイラ、余程彼女との買い物が楽しいのか鼻歌を歌っていました...いや違いました(笑)←タノシイノハホント♪

その爆音に心惹かれていました!m!(>_<)!m!

すぐさまエイミーの声と音の感じで<EVANESCENCE>だと(σ`・ω・)σ・・・・

その時「いや〜やっぱりロックは爆音で聴かないといかんわぁ〜」と(笑)...傍らにいた彼女にも「結構良くない??」って訊いたら「うん♪」って...さすがオイラの彼女♪もちろんメタル系の彼女なんで(´▽`)...あ、また音楽から話がずれた(笑)

その店内ではアルバムをかけていたらしく、この作品から´↓きイ板阿ことが出来、十分買いに行かせる力のあるメタリックな作品であるとその時確信しました!!

その店舗を出ると、すぐ近くにある大型CDショップに入り購入\(o ̄∇ ̄o)♪ただ持ってきていたのが普段持ち歩いているSDカードプレーヤーだけだったので、これだけのために携帯用のCDプレーヤーを買おう!...なんて思っていると彼女にやんわりと止められました(笑)...(´▽`)アリガト

で、肝心の内容ですが、前作を気に入った人には、ベンなんて関係無く(笑)同じくらいの優良作品!オイラは´△あるだけで前作より好きです...あ、思い出ももあるからかな!?(笑)

エイミーの独特なウィスパーな歌いだしから始まるミドルで硬質なグルーブ感を持つ ▲瓮蹈妊ラインが秀逸な↓と、今作はとにかくバンドの世界観をそのままにメロディがわかりやすく美しい(*´ー`)...しかも前作ではかなりの頻度で使用されていた男性のラッピング・ヴォーカルがなく、純粋な女性ヴォーカルの硬質なロック作品のお手本的良盤だと思います

ま、言いたいことは京都デートは楽しかった♪...と(笑)

おあとがよろしいよ〜でm(__)m...
| 思い出 DISC(^^♪ E | 00:47 | comments(2) | - |
SIDES TO EVERY STORY / EXTREME
 SIDES TO EVERY STORY
〜YOURS〜
WARHEADS
REST IN PEACE
POLITICALAMITY
COLOR ME BLIND
CUPID'S DEAD
PEACEMAKER DIE
〜mine〜
SEVEN SUNDAYS
TRAGIC COMIC
OUR FATHER
STOP THE WORLD
GOD ISN'T DEAD
〜& THE TRUTH〜
EVERYTHING UNDER THE SUN
RISE 'N SHINE
AM I EVER GONNA CHANGE
WHO CARES?

と、まぁなんと厳かな大作を作ってしまったのかしら(笑)FUNK MEALの雄が┐(´ー`)┌

前作で自分たちのスタイルを確立し、それでいて成功もしたのに、誰かに言いくるめられたのか、こんな普通に良いアルバムを作ってしまいました(´▽`)

出た当初は、オイラも世間の意見にのまれて(o ̄∇ ̄o)ゞ「なんだこりゃ!?」って思いながら聴いたので、当然即一番遠いラックに直行(笑)

それからどのくらいの月日が流れたのか(´◇`)...「これってどのくらいつまらなかったかなぁ...」と聴いてみたらヽ( ・∀・)ノアラ♪

,漏里に1ST、2NDの頃の傾向の強い曲だが、まぁ次第点くらいの曲...発表当時はコレだけだなぁ〜なんて思っていたのもいつのことか(´▽`)...

でも、以前からの弾むようなリズムに<QUEEN>ばりのコーラスを有するキャッチーなポップソング群はなかなかで、シングルにもなった△筬┃(他にもあったと思うけど)など◎...あ、は蛇足なような...みんなは違う?

この頃ヴォーカルのゲイリーの音楽的傾倒で、このような作品になったと言われていたが、いま改めて感じるのは、この心地良い曲のポップセンスは、今のヌーノの影響が実は如実に出ていたのではないかと...世間では<EXTREME>は2NDまで!みたいな感じがあるけど(ない?)ココまではど〜よ?(笑)
続きを読む >>
| 思い出 DISC(^^♪ E | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
PORNOGRAFFITTI / EXTREME
PORNOGRAFFITTI
DECADENCE DANCE LI'L JACK HORNY WHEN I'M PRESIDENT GET THE FUNK OUT MORE THAN WORDS MONEY(IN GOD WE TRUST) IT('S A MONSTER) PORNOGRAFFITTI WHEN I FIRST KISS YOU SUZI(WANTS HER ALL DAY WHAT?) HE MAN WOMAN HATER SONG FOR LOVE HOLE HEARTED

「へぇ〜バンドって、1,2年の間にこんなに成長するんだぁ〜」...と思い、思いがけない好作品に出会えたことに嬉しく思っていたのもつかの間、次作『 SIDES TO EVERY STORY』で、「あぁ...彼らのハイライトは前作(コレね♪)だったのね」...と、自分の人生と照らし合わせてみてしまった<EXTREME>の大傑作にして大出世作(T_T)ウウッ...オイラは今が我慢の時...(>_<)gヨシ!

今、思うと如実に<QUEEN>からの影響を出してしまっていた『 SIDES〜』だったが、実は1STアルバムの時から曲のサビやコーラスやらでは既にその片鱗を出していた。ただキャッチーなノリの良いハードロックと認識されていたために、まだそこまで槍玉に挙げられることがなかった。

そこから実際に「FUNK」という言葉がつけられるほどの傾倒をみせる音楽性にたどり着いたのは彼らにとって自然な流れで、この2NDアルバムが一番リスナーにとっても「ハードロック」、「FUNK」そして「QUEEN」とバランスの取れた作品であることが成功への一片であったと思う。それがいろんなタイプのリスナーを引き込んだと思うし...ね♪(^_-)-☆

だから全米ナンバー1を生んだ本作は基本はキッチリ、アメリカンハードロックだが、既にねらいは音楽鑑賞者であったと思う。


約1分くらいのやきもきさせるイントロが我慢汁を出させるダンサンブルなハードロック,念多瓦気擦討いて、でも今(当時)の俺達の根底はコレ!といわんばかりのファンクな影響力を遺憾なく発揮した◆▲螢坤爐陵靴咾箸いε世ら全く違和感のなかったラッピング・ヴォーカルで始まる、これ以上のファンク・メタルを具現化した曲にお目にかかったことが無いい函△海海泙任嚢格がどんなもんだかわかるはず...

既に上記したが、ビルボードのチャートで1位をゲットした彼らにとって初のアコースティック・バラード...すごく好きなわけでもないが純粋によい曲だと思うし、いろんなアーティストにカヴァーされてるのがわかる曲。

ちょいとイ任休みしたら、また怒涛のようにファンカデリックかつハードな調がいとおしいΝЛ┐搬海、またで小休止♪でもそのはバラードなのだが、ロックバンドがやるようなパワーバラードやアコースティックなバラードとは違くて、落ち着いた大人なパブなんかで流れてるようなスローでムーディーなバラード(´▽`)ウットリ...

もちろんまた勢いを取り戻すようにコンパクトでキャッチーな、ヘヴィーなと並べたら次作の音楽性に一番近いパワーバラード...ホントに<QUEEN>ちっく(´∀`)♪

で、最後もその<QUEEN>の名曲の1つである【'39】に似ているアコースティック・ポップな心地良い曲で〆る\(o ̄∇ ̄o)♪

確かにハードロックバンドとしては今作が頂点だと思うけど、なんだかんだいいながらも次の『 SIDES〜』までは、ヌーノのポップセンスに頼った良い作品だと思いますよ(^^♪

某専門誌で55点なんて付けられてたけど(笑)...
続きを読む >>
| 思い出 DISC(^^♪ E | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) |